若草漢方薬局は女性の健康をサポートする東京・神田の漢方相談薬局です

若草漢方薬局 ロゴと生薬写真

若草漢方薬局は女性のこころと身体をサポートする漢方相談薬局です。

若草漢方薬局 店内写真

私たちの体は、四季の移り変わりや気候の変化、仕事や家庭の環境、生活習慣等の影響を日々受けていますが、特に女性の身体はデリケートでバランスを崩しがちです。

女性の不調には、生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、不妊、更年期障害などのほか、冷え、疲れ、胃腸虚弱、めまい、頭痛、気分のおちこみやイライラなど様々な症状があります。
若草漢方薬局では、お客様おひとりおひとりのお話をじっくりと伺い、不調の原因をひもとき、お客様に合った養生や漢方薬をご提供します。
ご一緒にこころと身体を整えましょう。




若草漢方薬局の特色

若草漢方薬局 店内写真

*手軽なタイプの顆粒から
本格的な煎じ薬まで
様々なタイプをご用意
はじめての方でも安心

*スタッフは女性のみ
女性薬剤師に
しっかり相談できます

*神田駅、御茶ノ水駅
秋葉原駅、淡路町駅など
7駅が徒歩圏内
神田老舗街の閑静なエリアです


◇若草漢方薬局が目指す漢方内容とは
人の身体の状態は、発病の原因や場所、発病からの経過時間、年齢や性別、寒熱の状態、氣や血のバランスを勘案して捉えます。発病の原因には、暑さ、寒さ、湿気など外的要因や、過労、考えすぎや悩み過ぎ、怒りや恐れ、飲食物の不摂生など内的要因もあります。
女性には、初潮から月経のサイクル、閉経などホルモンバランスの変化があり、子供には陽気盛ん、老人には氣血の不足によるバランスの乱れがあります。
若草漢方薬局では、お客様のご体調を漢方の視点から考察し、また現在の有益な知見を取り入れながら漢方薬をお見立ていたします。将来的にはお客様がセルフケアしていただけるように漢方の養生などもお伝えいたします。

◇漢方の古典と日本独自に発展した漢方治療
漢方の古典の一つである「傷寒雑病論」は約1800年前に後漢の末期に南陽で書かれ、現在は「傷寒論」「金匱要略」として伝えられています。 「傷寒論」には急性病が、「金匱要略」には慢性的な疾患や治療方法が記載されており、多くの解説書があるほど重要な書物です。 若草漢方薬局では、陰陽五行などの考え方を基本とする黄帝内経「素問」「霊枢」「難経」を参考にしながら「傷寒論・金匱要略」を学び研鑽を積んでおります。

若草漢方薬局ブログバナー